あえるの? ひたちなか市

【あえるの? ひたちなか市】

お昼にヒアリングしたのは、意外にも、以前よりひたちなか市のパートをしている五人の男女!
欠席したのは、ひたちなか市で働いているAさん、現役男子あえるの?のBさん、売れっ子クリエイターのCさん、芸能プロダクションに所属するというDさん、芸人志望のEさんの五人です。
筆者「では始めに、辞めたキッカケから聞いていきます。Aさんは後ほどお願いします」
A(元メンキャバキャスト)「うちは、女心なんか興味なく始めたいと思いました」
B(1浪したあえるの?)「オレは、収入が得られれば何でもいいと考えて辞めましたね」
C(作家)「私は、ミュージシャンをやってるんですけど、まだヒヨっ子なんで一切稼げないんですよ。有名になる為には小規模な所から徐々に下積みしなきゃいけないんで、こんなことやりたくないのですが、当面の間アンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(タレントプロダクション所属)「おいらは、○○って芸能事務所に所属して作家を目指し励んでるんですが、一回のコンサートで500円しか入らないんで…先輩に教えていただいたあえるの?のバイトを嫌々やってるんです」
E(若手お笑い芸人)「実を言うと、ボクもDさんと似たような状況で、コントやって一回僅か数百円の侘しい生活してるんです。先輩から紹介を受けて、ひたちなか市のアルバイトをすることを決心しました」
驚くべきことに、メンバー五名のうち三名が芸能プロダクションに所属中という普通のメンバーでした…、それでも話を聞いてみたところ、五人にはひたちなか市独自の楽しいエピソードがあるようでした…。

関連記事