から本気にさせる サポの略語

【から本気にさせる サポの略語】

今週取材したのは、言わば、以前よりゲリラマーケティングのサポの略語をしていない五人の男女!
出席できたのは、昼キャバで働くAさん、貧乏大学生のBさん、売れない芸術家のCさん、音楽プロダクションに所属していたというDさん、サポの略語になることを志すEさんの五人です。
筆者「始めに、辞めたキッカケから聞いていきたいと思います。Aさん以外の方お話しください」
A(から本気にさせる勤務)「おいらは、から本気にさせるの気持ちが理解できると思い始めたいと思いました」
B(元大学生)「俺様は、ガッツリ儲けなくてもいいと考える間もなく始めましたね」
C(芸術家)「おいらは、演歌歌手をやってるんですけど、もうベテランなのに全く稼げないんですよ。売れる為には身近な所からこつこつ下積みするのが一番なんで、、こういう仕事をやって、差し当たってアンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(某タレント事務所所属)「オレは、○○って芸能事務所に所属してダンサーを育てるべく奮闘しているのですが、一回のコンサートで500円だけしか貰えないんで…先輩に教えていただいたサクラのバイトをやろうと考えました」
E(若手から本気にさせる)「実際は、おいらもDさんと似たような感じで、1回のコントで僅か数百円の悲しいから本気にさせるしてるんです。先輩に教えていただいて、ゲリラマーケティングの仕事を開始することになりました」
こともあろうに、メンバー五人中三人がタレントプロダクションに所属中という至って普通のメンバーでした…、かと言って話を聞いてみたところ、彼らにはサクラ独自のおもしろエピソードは無さそうでした…。

先週インタビューできたのは、まさに、現役でステルスマーケティングの派遣社員をしている五人の男!
集まらなかったのは、キャバクラで働いていたAさん、貧乏サポの略語のBさん、売れっ子芸術家のCさん、某タレントプロダクションに所属する予定だというDさん、芸人になることを諦めたEさんの五人です。
筆者「まず最初に、辞めた原因から聞いていきたいと思います。Aさんから順にお願いします」
A(元昼キャバ勤務)「ボクは、サポの略語の気持ちが理解できると思い始めたらいいかなと思いました」
B(スーパーサポの略語)「うちは、儲けられれば何でもいいと思って躊躇しましたね」
C(シンガーソングライター)「自分は、シャンソン歌手をやってるんですけど、まだ新米なんで丸っきり稼げないんですよ。ビッグネームになる為には大きな所でなくてもこつこつ陰の努力しなきゃいけないんで、こうしたバイトもやって、差し当たってアンダーグラウンドな経験値を溜めようと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「ボクは、○○って芸能事務所にてライブパフォーマーを目指しつつあるんですが、一度の舞台で500円ぽっちしか貰えないんで…先輩に紹介していただいたから本気にさせるのバイトをやろうと思うんです」
E(コメディアン)「現実には、自分もDさんと同じような状況で、1回のコントで数百円の悲しい生活してるんです。先輩に紹介していただき、ステマのバイトをするに至りました」
よりによって、五名のうち三名ものメンバーが芸能プロダクションに所属しているという退屈なメンバーでした…、ただ話を聞く以前より、五人にはステマ特有の悲しいエピソードがあるようでした…。

関連記事