六十路援助交際 八戸えん女えっち

【六十路援助交際 八戸えん女えっち】

今回は、六十路援助交際系サイトで男をあさる五人の女性(十代~三十代)をインタビューを実施しました。
今日体験を明かしてくれるのは、夫がいるA、三股がまだばれていないギャル風のB、水商売で生計を立てるD、その次に、国立大学に在籍中のE。銀座にある反射療法のサロンで受付担当をしているC、
裏話ですが、三十代の女性だけに五人への取材を考えていたんですが、突然のキャンセルを受け、さっさと駅前で「八戸えん女えっち系サイトについての取材に協力してもらえないか」と何十人か女性に声掛けをして、怪しいセールスにも即応じてくれた、十代のEさんを含む五人を集めました。
開口一番、筆者よりも先にトークを展開したのは3人の男性を騙しているBさん。
三十代のギャルB「八戸えん女えっち系サイトを利用してるってことなんですけど、「みなさんはどんな目的で使うんですか?私はATMが欲しくて今三股かけてます」
しゃあしゃあとおしゃべりが止まらないBさんに、後の4人も微妙なテンションで回答しだしました。
A(旦那あり)「私については、事実旦那以外の人に抱かれたいと思ったのが発端です。世間一般ではアウトだってわかるんですけど、やっぱり逢引きはやめられない。」
B「一旦味をしめると止まらないですよね」
筆者「お金目当てで八戸えん女えっち系のアカウント取ろうって女性ばっかり?」
B「それ以外に理由あります?」
Bさんの発言を受けて、水商売をしているDさんが何気なく、男性的には非常に厳しい現実を発言をしました。

関連記事