出会い系神戸 東部市場前駅

【出会い系神戸 東部市場前駅】

今回は、ネット上のコミュニティをよく使うという五人の女性(十代一人、三十代四人)取材を行いました。
メンバーを紹介すると、結婚生活を送るA、三股をかけているB(ギャル風)キャバ嬢として稼ぐD、ラストに、国立大学に在籍しているE。銀座のリフレクソロジー店の受付嬢C、
これは内緒ですが、三十代の女性だけに五人を集合させたかったんですがドタキャンによって、頭を切り替えて駅前で「東部市場前駅系サイトについてのインタビューに協力してほしい」と何十人もの女性に声をかけ、怪しいセールスにも嫌な顔をせずにいた十代のEさんも五人としました。
第一に、筆者に先んじて、しゃべりだしたのは、三股に成功したBさん。
三十代のギャルB「出会い系神戸系サイトですが、「みなさんはどうして登録するんですか?私はお金目的で今は三股してばれてません」
おもしろそうにおしゃべりが止まらないBさんに、他の4人も微妙なテンションで自分の経験を明かし始めました。
A(既婚者)「私に関しては、単純な話、旦那以外の人に抱かれたいと思ったのが始めたんですよ。親しい友人にも恥ずかしいことってわかるけど、やっぱり東部市場前駅系サイトは利用する。」
B「一旦使い出したら止められないですよね」
筆者「パパ狙いで東部市場前駅系を始める考えの女性は割といる?」
B「それ以外で理由あります?」
Bさんに続いて、ナイトワークをしているDさんが悪びれずに、男性にとってはけっこうひどいことを言ってのけました。

つい先日の記事において、「東部市場前駅系サイトで積極的だったから、ヤッタと思っていたら犯罪者だった」と想像と違う展開になった出会い系神戸の話をしましたが、東部市場前駅も驚きはしたものの、その男性とは本気で付き合う関係になってしまいました。
理由としては、「普通の人とは雰囲気が違い、怖さで何も考えられずその時は一緒にいくしかなかった」と思ったそうですが、じっくりと出会い系神戸に話を聞いたら、怖いもの見たさという部分もあって分かれようとしなかったようなのです。
前科があるという話ですが、小型のナイフではなく大きめのナイフで肉親である親を刺したという事だったそうで、危ないと感じる事があるだろうと内心考える事もあると思いますが、おしゃべりをした感じはそうではなく、結構親切にしてくれるところも多く、悪い事はもうしないだろうと思って、関係も本格的な交際になっていったようです。
その出会い系神戸はそのまま付き合い続けたかというと、時々おかしな動きをする場合があったので、何も言わないまま家を出て、そのまま関係を終わりにしたと話していました。
他に誰もいないと思うだけでも怖さを感じるようになり、それまでの二人での生活を捨てて、気付かれる前に遠くに行こうと出来るだけ急いで出ていったということですが、どうも単に怖いと感じる気持ちがあったといった事が理由の全てではなく、お互いに言い争う事になると、かまわず手をだすなど、ひどい乱暴も気にせずするような仕草を何かと見せるから、催促されるとすぐにお金もだし、それ以外にも様々な事をして、そのままの状況で生活していたのです。

関連記事