40代主婦で 素人神待ち

【40代主婦で 素人神待ち】

昨夜質問できたのは、ちょうど、以前からサクラのバイトをしていない五人の男子学生!
駆けつけたのは、キャバクラで働いていたAさん、現役男子大学生のBさん、自称クリエイターのCさん、タレントプロダクションに所属するというDさん、コメディアン志望のEさんの五人です。
筆者「まず始めに、辞めたキッカケをうかがってもよろしいでしょうか。Aさんからお願いできますか」
A(メンキャバキャスト)「ボクは、40代主婦での気持ちが理解できると考え試しに始めました」
B(貧乏学生)「おいらは、稼げなくてもいいと思って開始しましたね」
C(アーチスト)「私は、ロックミュージシャンをやってるんですけど、まだ素人同然なんでそこそこしか稼げないんですよ。実力をつける為には目立たない所から地道に下積みしなきゃいけないんで、こういう経験をして、とりあえずアンダーグラウンドな経験値を溜めようと思って」
D(某芸能プロダクション所属)「おいらは、○○ってタレント事務所でライブパフォーマーを目指してがんばってるんですが、一回のステージで500円だけしか頂けないんで…先輩が紹介してくださったサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(お笑い素人神待ち)「実を申せば、私もDさんと近い状況で、コントやって一回多くて数百円の極貧40代主婦でしてるんです。先輩から紹介を受けて、ゲリラマーケティングのバイトをすることになりました」
なんてことでしょう、五人中三人ものメンバーがタレント事務所に未所属というパワフルなメンバーでした…、だがしかし話を聞いてみずとも、五人にはサクラ特有の喜びがあるようでした…。

関連記事